マイケル・デイヴィッドMichael Davidアメリカカリフォルニア[Lodi]

ビオロジック、ビオディナミ認証なし

「地球上で最もベストバリューなワイナリーのひとつ」By R.パーカー

全米不動の人気まで登り詰め、今後の更なる展開に大注目。
一度見たら忘れない斬新なラベルと味わいで全世界を魅了する。

Introduction生産者紹介

高品質なワインを生み出すローダイ

カリフォルニア最大のワイン産地であるセントラル・バレーは西をサンフランシスコ湾に、東をシエラ・ネバダ山脈に囲われる広大な内陸地である。この地の中心都市サクラメントから南におよそ50kmに位置するのがローダイAVAだ。内陸の平地という暑い気候であり、安価なワインの供給元として知られるセントラル・バレーにあるにも関わらず、とりわけ高品質なワインを生み出すのはその地形に秘密がある。サンフランシスコ湾を臨むデルタ地形は灌漑がしやすいだけでなく、より海に近い西側に位置しているため冷風が遮られることなく運ばれる。これがリッチなフレーバーを持ちつつも素晴らしい酸が両立する味わいの所以である。

マイケル・デイヴィッド・ワイナリー(以後MDW)はローダイ西側にあり、もともとは1850年代からこの地で続く農園で、ブドウは他の野菜同様に栽培されている程度で元詰めはせず他に売られていた。転換期となるのは5代目マイクとデイヴィッド兄弟である。UCデイヴィス校でワインを学ぶ中、兄マイクは21歳の時にナパの高品質なワインに出会ってその情熱に火が付き、弟デイヴィッドもそれに触発されて兄と同じ大学でワインの勉強に没頭した。1975年に家族の農園に戻った際、それまでブドウ栽培のみだった先代たちとは違い自らの手でワイン造りを行うことを決意し、自分たちの生まれ育ったローダイで高品質なワインを造るという野望を持った。1984年にワイナリー設立した際には冷房も断熱材もない古びた納屋で、1機のタンクと2、3の樽、そして使い古した破砕機があるだけであった。この時の彼らにはそれ以外にかけるお金など一切なかったが、若い彼らにとってはワイナリーを始めるには十分であると感じていた。この当時は全くの無名であったローダイにおいて、どの品種が成功するのかを知る者は誰もおらず、数々のブドウ品種を試験的に栽培するという実験から始め、シラーやカリニャン、カベルネといった品種を道路沿いのフルーツスタンドで販売していた。

僅か700ケースから、世界規模の生産者として不動の人気を確立

そんな中で世界的な注目を集めるきっかけとなったのはジンファンデル。7つの異なる畑から素晴らしい古樹のブドウを手に入れた際に、「7つの大罪」をモチーフにするアイデアが生まれ、セブン・デッドリー・ジンズが誕生。果実味が前面に出たバランスの良い味わいに驚くほどリーズナブルであったこのワインは、2002年リリース当初700ケースの生産量であったが、2004年に北米のワイン業界誌ワイン・ビジネス・マンスリーで注目のブランドTOP10に選ばれてから注目を集め、その後の10年間で生産量を25万ケースにまで伸ばす。その後、パッケージデザインの刷新を経て、2016年に「インパクトのある注目ブランド」として選出され、この年ついにジンファンデルとして全米一の売り上げを誇るワインにまで上り詰めた。

ジンファンデルのリリース以降大きな成功をおさめ、シックス・センス、プティット・プティ、フリークショウといったバラエティ豊かなワインでポートフォリオを拡大するも、こうした素晴らしいワインの数々が同じワイナリーから生み出されているという認知が消費者の間ではほとんどされておらず、ワイナリー認知度が上がっていないという問題に直面する。そこで2009年、ブランド認知を強化するためにワイナリー名をマイケル&デイヴィッド・フィリップスからマイケル・デイヴィッド・ワイナリーに変更。MDWの文字に二つのコルクスクリューが交差する新しいロゴを発表し、全ワインのキャプセル・コルク・エチケットにロゴを刻印した。こうすることで同一ワイナリーとして消費者認知を高めることに成功。一度見たら忘れないインパクトのあるパッケージデザインと、それに引けを取らない素晴らしい味わいが両立することで、世界規模の生産者として不動の人気を誇るようになった。

ロバート・パーカー、ヒュー・ジョンソンも絶賛する「飲まなければ損をする」ワイナリー

現在はマイケルの息子ケヴィンと娘メリッサが6代目としてワイナリーの指揮を執る。ローダイに320haを超える畑を所有し、これに加えて80ha超の契約畑でブドウを栽培している。ワイナリーはこの地におけるサスティナブル・ムーヴメントのパイオニアとしても知られており、全ての畑で認証を取得している。醸造に関しては、ステンレス製の回転式タンクや小型ステンレスタンクなどの最新機材が用いられ、40,000個以上という膨大な数のフレンチ、アメリカンオーク樽を所有している。

「品質に見合った適正な価格のワイン」をモットーに掲げるMDWは、ロバート・パーカーが10年以上も毎年欠かさず試飲をし、引退後も飲み続けるという溺愛ぶり。「地球上で最もベストバリューなワイナリーのひとつ」「賢い消費者は覚えておくべき」「消費者たちのゴールド・スター」と称賛の言葉は枚挙に暇がない。パーカーのその他の書籍である世界のベストバリューワイン、バイヤーズガイド掲載は勿論のこと、WEでも毎年のように取り上げられており、2015年度は年間TOP100ワインにも選出、ヒュージョンソンのポケットワインブックでも「ローダイで最上の造り手の一人」と、飲み手をたちどころに魅了する。

少量生産で法外な値段を売りに知名度を上げるブティックワインやカルトワインが多いカリフォルニアにおいて、これほどまでに真逆のスタイルで消費者の心を鷲掴みにしたワイナリーがあっただろうか。マイケル・デイヴィッドは「飲まなければ損をする」と断言できるワイナリーだ。2018年10月にはセブン・デッドリー・ジンズのブランドを他社へ売却し、既存ブランドのさらなる認知・発展に注力すべく邁進。今後もますます目を離すことができない。

Technical Dataテクニカルデータ

オーナーMichael and David Phillips
醸造責任者Adam Mettler
所有畑面積320ha以上(自社畑)
土壌砂質ローム土壌
栽培方法栽培マネージャはケビン・フィリップス(マイケルの息子)。彼と彼のチームが最高のブドウを生み出すために、生育の勢いをコントロールするための芽のポジショニングや葉の間引きなどの高度なキャノピー管理をしながら、畑の育成をしている。ブドウ畑はすべて、「ローダイ・ルールス」と呼ばれるローダイの第3者機関によって”サステナブル”と認証されている。グランド・カバーの不使用、フクロウのための巣箱の設置、点滴灌漑(ドリップ・イリゲーション)、除草剤および殺菌剤の最小限の使用は、現在、そして将来のヴィンテージのための高品質のブドウ、および健康的な畑を保証している。
醸造方法カリフォルニアワイン産業の最高の実地経験をもって、州法に従って発酵・生産しており、ステンレス製の回転式タンクや小型ステンレスタンクなどの最高性能の装置が生産工程で利用されている。さらに、40,000個以上のフレンチ&アメリカンオーク樽を所有しており、ワインの熟成に使用している。

Item Listアイテム一覧

※アイテムリストは随時変更になります。
※価格は税抜き表示です。

2017 Chardonnayシャルドネ

希望小売価格¥3050

産地Lodi
ブドウ品種シャルドネ100%
熟成フレンチ・バリック&ステンレスタンク6-7ヶ月
アルコール度数13.5%

ローダイ西部の自社畑のブドウ、樹齢は平均5-20年。砂質ローム土壌。青リンゴ、軽やかな柑橘類に桃のアロマ。クリスピーで 口の中ではフレッシュでピュアなシャルドネの果実味にオークのニュアンス、一部マロラクティック発酵に由来するクリーミーなテクスチャーが溶け込み、見事なバランスを生み出している。

2016 7 Deadly Zins Old Vine Zinfandelセブン・デッドリー・ジンズ オールド・ヴァイン ジンファンデル

希望小売価格¥3050

産地Lodi
ブドウ品種ジンファンデル、少量のプティ・シラー
熟成アメリカンオーク・バリック11ヶ月
アルコール度数15%

ローダイ西部の自社畑のブドウと近隣の契約農家のブドウ、樹齢は平均30~60年。砂質ローム土壌。チェリータルト、ラスベリーやキャラメルなどのアロマに加え、バニラやスパイス、スモーキーなフレーバーへと発展する。リッチで滑らかなテクスチャーを持ち、マイルドなタンニンのあるミディアム・ボディー。ファーストヴィンテージ(2000年)を作る際に、7つの契約農家が高樹齢のジンファンデルを提供してくれたため、キリスト教の七つの大罪にちなんで”7 Deadly Zins”と名付けた。

2016 6th Sense Syrahシックス・センス シラー

希望小売価格¥3050

産地Lodi
ブドウ品種シラー95%、プティ・シラー5%
熟成フレンチ・バリック14ヶ月
評価ワイン・エンスージアスト91

ローダイ西部の自社畑のブドウと近隣の契約農家のブドウ、樹齢は平均5-30年。砂質ローム。ブラックベリー、レザー、ダーク・ココアや熟したイチジクの豊かで複雑なフレーバーが、燻製肉やブランデー、タバコのニュアンスと溶け込んでいる。心地よい酸が全体のバランスを支えており、フルボディで熟したタンニンを楽しめる。現在6代目zマイケルの息子であるケヴィンが初めてマネージャーを務めた畑の一つ。

2016 Petite Petitプティット・プティ

希望小売価格¥3300

産地Lodi
ブドウ品種プティ・シラー85%、プティ・ヴェルド15%
熟成フレンチ・バリック9ヶ月&ニュートラルオーク・バリック7ヶ月
評価ワイン・エンスージアスト90
アルコール度数14.5%

ローダイ西部の自社畑のブドウと近隣の契約農家のブドウ、樹齢は平均5-30年。砂質ローム。ピュアな黒系果実やバニラのフレーバーが口の中を充満させるたっぷりとした濃厚なフルボディー。プティ・シラーの型にはまらず柔らかくしなやかな果実味は大変リッチで、わずかにドライなフィニッシュと長い余韻が楽しめる。

2016 Freakshow Cabernet Sauvignonフリークショー カベルネ・ソーヴィニヨン

希望小売価格¥3450

産地Lodi
ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン85%、プティ・シラー15%
熟成フレンチ・バリック17ヶ月(新樽33%)

ローダイ西部の自社畑のブドウと近隣の契約農家のブドウ、樹齢は平均6-30年。砂質ローム。カベルネはワイナリーに隣接する「スーパーフリーク」と呼ばれる自社畑からのもの。甘やかなブラックベリー、ブラックチェリーのフレーヴァーが豊かで、シナモン、ナツメグ、燻製香、ダーク・チョコレートなどのニュアンスを感じる。リッチで、成熟した果実味とオークを感じるこのフルボディーのワインは、大胆ではある一方で、複雑さも兼ね備えている。