クイントデーチモQuintodecimoイタリアカンパーニャ[Mirabella Eclano]

リュット・レゾネ、ロッタ・インテグラータ

カンパーニャのワインは彼なしでは語れない、
偉大なエノロゴ、ルイジ・モイオ

その自らの全てを注ぎ込むために設立された究極のワイナリー。星付きレストランでオンリストされる南の土着ワインという別格の地位を持つ唯一無二の存在。

Introduction生産者紹介

エノロゴ
ルイジ・モイオ

クイントデーチモは南イタリア、カンパーニャの偉大なエノロゴ、ルイジ・モイオが2001年に設立したワイナリーである。カンパーニャ州の3つのD.O.C.G.全てを擁する内陸部のイルピニア地方のミラベッラ・エクラーノの丘にあり、土着品種のみを用いてこの地方のみならずイタリアワイン全体の地位を押し上げるような珠玉のワインを生みだしている。

カンパーニャ州のトップ生産者の多くにコンサルティングを行い、ナポリ大学の醸造学の教授も務めるルイジは120年続くワイナリーの出身で、実家が『最初の偉大な学校』と評する通りワインと密接に結びついた環境で育った。子供の頃、ワインを樽から樽へと移す作業時にその素晴らしい香りに魅せられたのが原体験となったのか、アヴェッリーノの醸造学校を卒業後はフランスのディジョンにある国立農業研究所で農産物のアロマの研究に没頭した。しかしそこで「ワインとは何か」ということを見出し、ワイン造りの道へと目覚めることになる。フランスのアペラシオンという概念やクオリティの高さに感動し、イタリアにはないグランクリュやプルミエクリュという言葉を知り、自然と人との関わりがワイン造りであるという考えに深く共感したのだ。フランスでのこの経験がルイジの現在のワイン造りの基本になったという。

そのままフランスに留まりブルゴーニュやボルドーで栽培や醸造を専門的に学んでいたが、1993年に転機が訪れた。タウラジ村にワイナリーを設立したばかりのアントニオ・カッジャーノがブルゴーニュを訪れた際、ガイドを務めたルイジの知識と意欲を見込んで醸造監修を依頼したのである。故郷に戻った彼は現地で欠落していたクオリティ重視の哲学を胸に、品質管理の面で格段に優れていたフランスで学んだ技術を惜しみなくつぎ込み、ワインの完成度を高めていった。カッジャーノの他にも黎明期のフェウディ・ディ・サングレゴリオ、カンティーナ・デル・タブルノ、カンティーネ・デル・ノタイオなど数々のワイナリーで腕をふるい、この地のワイン造りを復興させた指導者の一人となった。

繊細な仕事の数々が
もたらすもの

「完璧なブドウからテロワールを真に表現した少数精鋭のワインを造る」というポリシーから、栽培・醸造の両面において作業は非常に細かい。ブドウの樹1本に付き1kgしかブドウの実を残さず、未成熟な実は収穫前に取り除いてしまうくらい厳しい収量制限や、豊かなボディと複雑さ、そしてエレガンスの絶妙なバランスを見極めた醸造。ルイジの手にかかるとブドウは眩いほど完全にそのポテンシャルを放つ。どのワインにもバリックを用いる現代的な手法から、大柄でいかにも新世界的なワインを想像するかもしれないが、ワインは非常に洗練されて美しい。偉大な醸造家が思い描いた偉大なワインが、情熱、知識、創造力、そして忍耐によって見事に体現されたクイントデーチモは、カンパーニャの土着品種で成し得る限界を常に破り続けている。

Technical Dataテクニカルデータ

オーナーLuigi Moio & Laura di Marzo
醸造責任者Luigi Moio
所有畑面積12ha
土壌粘土石灰質、粘土質、凝灰質など区画により異なる
栽培方法除草剤を使わないため、畑は鋤き耕す。収量制限は厳しく、冬の剪定ではかなり思い切って枝を切り、夏には通気性確保も兼ねて除葉とグリーンハーヴェストを行う。また完熟したブドウの実を得るために収穫前には成熟していないブドウを取り除く。
醸造方法ブドウの熟度に応じて数回に分けて収穫を行う。期間はおよそ15日間。醸造方法は品種によって異なるが、どのブドウも低圧力でプレスする。白の発酵・熟成はボディに丸みを持たせよりリッチでより複雑になるようにバリックとステンレスタンクを併用。赤の発酵にはステンレスタンク、マロラクティック発酵及び熟成にはバリックを使用。

Item Listアイテム一覧

※アイテムリストは随時変更になります。
※価格は税抜き表示です。

2016 Via del Campo Falanghinaヴィア・デル・カンポ ファランギーナ

希望小売価格¥6300

産地I.G.T. Campania
ブドウ品種ファランギーナ100%
熟成バリック&ステンレスタンク8ヵ月
アルコール度数13.5%

ベネヴェントのファランギーナのイメージを打ち破るイタリアの偉大な白ワインのひとつ。白や黄色の様々な種類の花々が咲き乱れるフローラルな香りにミントやスモークのヒント。熟したトロピカルフルーツやアプリコットを思わせる濃厚な果実を縁取る鮮やかな酸がジューシーな味わいを引き立てる。蜜っぽさ、エレガンス、そしてボリューム感を備えた美しいワイン。

2016 Exultet Fiano di Avellinoエクスルテト フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ

希望小売価格¥6700

産地D.O.C.G. Fiano di Avellino
ブドウ品種フィアーノ100%
熟成バリック&ステンレスタンク8ヶ月
評価デキャンター・アジア・ワイン・アワード95、ヴェロネッリ スーパートレステッレ、南イタリア白ワイン部門プラチナ賞(トップ賞) 
アルコール度数13.5%

フィアーノ・ディ・アヴェッリーノのD.O.C.G.生産エリアの中でも『フィアーノの聖地』とされるラピオにある畑は海抜570mの南西向き斜面と、風通し・日照量ともに理想的。フィアーノ特有のアカシアの蜜やナッツ、フレッシュハーブのヒントが継ぎ目なく白い果実に溶け込んだ濃密な香り。熟した洋ナシやリンゴの甘い果実に続き、精緻な酸、とろみのある凝縮感、スモーキーなニュアンスが波のように押し寄せる。夢のように甘美で洗練された比類なき偉大なイタリアの白。

2016 Giallo d'Arles Greco di Tufoジャッロ・ダルレス グレコ・ディ・トゥーフォ

希望小売価格¥6700

産地D.O.C.G. Greco di Tufo
ブドウ品種グレコ100%
熟成バリック&ステンレスタンク8ヶ月
アルコール度数13.5%

畑があるのはサンタ・パオリーナのコミューンにある海抜520mの南西向き斜面。ジューシーな黄桃やアプリコットや色の濃い柑橘類がグラスから溢れだす。肉感的でクリーミーな果実を太いミネラルと酸が支える味わいはエネルギーとフィネスに満ちている。余韻は非常に長くピュア。パワフルであるのと同時に非常に優雅な格調高きイタリア最上の白。

2014 Terra d'Eclano Aglianicoテッラ・デクラーノ アリアニコ

希望小売価格¥7300

産地D.O.C. Irpinia Aglianico
ブドウ品種アリアニコ100%
熟成バリック12ヶ月(新樽60%)
アルコール度数14%

海抜、畑の向き、土壌などが異なる複数の所有区画のブドウをブレンドすることで、その名の通りクイントデーチモが本拠を構えるミラベッラ・エクラーノのテロワールを表現。ブラックチェリー、ラズベリー、プラムなど果実感たっぷりの香りにバラ、ドライハーブ、バニラが更なる華を添える。ミルクチョコレートやバニラのニュアンスが溶け込んだ果実味は濃厚かつ柔らか。エレガントな酸と甘く熟したタンニンとのバランスも素晴らしい。緻密でリッチなキャラクター豊かなアリアニコ。

2012 Vigna Grande Cerzito Taurasi Riservaヴィーニャ・グランデ・チェルズィート タウラジ・リゼルヴァ

希望小売価格¥21000

産地D.O.C.G. Taurasi
ブドウ品種アリアニコ100%
熟成バリック18ヶ月(新樽100%)
評価ヴィニ・ブォーニ・ディタリア コローネ、ビベンダ 5グラッポリ
アルコール度数14.5%

海抜440mの南向き斜面に位置する単一畑グランデ・チェルズィートから造られる最上クリュ。土壌は石灰を含まない火山性。同畑からのワインでも特に優れた樽のみが瓶詰めされるため生産量が少なく、またルイジが求めるレベルに達しないと判断した年は生産されることがない。チェリーやプラムなどの完熟果実に始まり、チョコレート、ドライフィグ、バニラなど、絶えずグラスの中で変化する複雑な香り。瑞々しい黒系果実に満ちた味わいは肉厚かつ繊細。非常に凝縮しているが軽やかなタッチも備えている。力強さとエレガンスの均整が素晴らしい。

2012 Vigna Quintodecimo Taurasi Riservaヴィーニャ・クイントデーチモ タウラジ・リゼルヴァ

希望小売価格¥21000

産地D.O.C.G. Taurasi
ブドウ品種アリアニコ100%
熟成バリック18ヶ月(新樽100%)
評価ヴェロネッリ スーパートレステッレ
アルコール度数14.5%

海抜420mの北西向き斜面に位置する単一畑クイントデーチモから造られる最上クリュ。土壌は石灰が豊富な粘土質。同畑からのワインでも特に優れた樽のみが瓶詰めされるため生産量が少なく、またルイジが求めるレベルに達しないと判断した年は生産されることがない。色の濃いプラムやチェリーの完熟果実、スパイス、バニラの驚くほど濃厚な香りが爆発的に広がる。これ以上ないほど凝縮した果実の甘さがどこまでも続き、熟した豊かなタンニンや伸びやかな酸と複雑に絡み合い、洗練されたフィニッシュへと続く。目もくらむようなスケールの大きさは圧巻。