クレメンス・ブッシュClemens Buschドイツモーゼル[Punderich]

ビオロジック、ビオディナミ認証あり

目もくらむような急斜面のテラッセン・モーゼルにおいて、
不可能と思われていたビオディナミを実践し、
けた外れに力のあるリースリングを産み出した先駆者

Introduction生産者紹介

テラッセン・モーゼルの二大巨頭

全長250kmの川が蛇行するモーゼル地方は、上部のザール・ルーヴァー、ピースポートやベルンカステルを含む中部、以降コブレンツまでの下部としばしば三つに分類される。急斜面に張り付くように植えられているブドウ畑はモーゼルらしさのイメージを喚起させるが、その中でもひときわ傾斜が急な段々畑が広がるのが下部のテラッセン・モーゼルと呼ばれるエリアである。ザールにはエゴンミュラーが、中部にはマーカス・モリトールとJJプリュムがいるように、このテラッセン・モーゼルにも二大巨頭の名にふさわしい生産者がおり、一人がウィニンゲン村のヘイマン・レーヴェンシュタイン、そしてもう一人がピュンダリッヒ村にワイナリーを構えるクレメンス・ブッシュである。

1974年より祖父の手ほどきを受けながらワイン造りを始めた現当クレメンスは、現在16haの畑を所有している。畑の大部分は川を挟んでワイナリーの正面に広がるピュンダリッヒャー・マリーエンブルクにあり、南―南東向きグレースレート主体の急斜面からにテラッセン・モーゼルの芸術品とも呼べるワインを生み出している。

30年以上前から区画の個性の表現に取り組む

一般的に、モーゼルのリースリングは異なるスレートの色ごとに個性的なキャラクターがあり、それがワインのスタイルを決める決定的要因かのように語られることがある。しかし、クレメンスは「ワインの味わいは、単純にグレーやブルーといったスレートの色の違いに由来するものではない」という。確かにその要素もあるが、畑の向きや斜度、微妙な標高の違いや風通しなどに影響を受けるミクロクリマも重要な要素であるという。こうした個々の区画の個性を表現するという流れは今でこそ世界的な主流となっているが、クレメンスは今から30年以上も前の1984年に既にこの重要性に気づき、その土地の味を出すためにオーガニック栽培へと切り替え、OINOS(ギリシャ語でワインの意)というドイツ初のオーガニック栽培の生産者団体を同志8人とともに立ち上げた。

機械を使用することが不可能な目もくらむような急斜面で化学肥料、農薬を一切使わない栽培は、時間と手間のかかる骨の折れる作業であることが想像に難くない。しかし、「畑は常に栽培者の行いに対して自然な反応を示してくれるはずで、その結果が現在の生命力に満ち溢れた健全な土壌とスレートの合間を縫って地下15~16mまで深く根を張るブドウたちだ」と彼は言う。

セラーでは、一部ステンレスタンクも使用するが大部分は伝統的な1000Lのフードルで醸造される。あくまでも優しく丁寧に果汁を扱うことでアロマやミネラルといった要素をブドウから最大限引き出し、天然酵母のみを用いるため8~10ヵ月、時にはそれ以上にも及ぶ自然発酵をじっくりと見届ける。その後ほとんどのワインが収穫の翌8月に瓶詰めされる。

ドイツワインを語る上では決して外すことのできない必需品

クレメンス・ブッシュはドイツワイン評価におけるバロメーター的存在であるアイヒェルマン誌で最高位である5つ星生産者に選ばれ、続くゴーミヨ誌では4.5/5房とドイツ屈指の評価を受ける。さらにWA誌では「テラッセン・モーゼルにおけるチャンピオンであることに異論はなく、ザール・ルーヴァ―を含む全モーゼルにおいて類まれな才能を持つ生産者の一人だ」、ヒュー・ジョンソンからは「けた外れに力のある辛口のリースリングを産する」、ジャンシス・ロビンソンからも「偉大な辛口リースリングの生産者」と枚挙に暇がない。全モーゼルを代表すると言っても過言ではないクレメンスのワインは、ドイツを語る上では決して外すことのできない必需品である。

Technical Dataテクニカルデータ

オーナーClemens & Rita Busch
醸造責任者Clemens & Johannes Busch
所有畑面積16ha
栽培方法畑での丁寧な作業、高収量の放棄、収穫時の選果によって自然状況を補完し、ブドウの健康は植物性またはミネラル由来の緩やかながら病気の予防に効果のある製品によって維持している。ビオディナミの調剤は土壌や植物の活力を高め、土壌が自然とほぐれていく傾向にある。
醸造方法繊細なプレス、ゆっくりとした自然発酵、細かい澱に触れさせての熟成等、穏やかな方法で作業するだけで、エキス分、果実のアロマ、様々なミネラル成分の可能性を最大限に引き出す事が出来る。

ほとんどのワインは伝統的なフーダー(1,000リットル樽)で生産しているが、ステンレスタンクも使用している。原則として、最高ワインの発酵は8-10ヶ月でそれ以上にはならない。長期間、澱と触れることによって、ワインの安定性と優れた熟成の可能性がもたらされる。

Item Listアイテム一覧

※アイテムリストは随時変更になります。
※価格は税抜き表示です。

2011 Riesling Marienburg Falkenlay Grosses Gewachsリースリング マリーエンブルク・ファルケンライ グローセス・ゲヴェックス

産地Mosel
ブドウ品種リースリング100%
熟成フードル8-10ヶ月
評価Vinous 90
アルコール度数14%

長きに渡ってピュンダリッヒ村マリーエンブルクの最高の場所として保護されてきた小区画。グレースレート主体の土壌で、樹齢70-80年のブドウが植わっている。熟したアプリコット、ナッツオイルにミントのアロマ。砂糖漬けにした黄色系果実や甘い香辛料にフレッシュなライムの生き生きとした酸が絶妙に溶け込んでいる。ジューシーだがスリムでもあるメリハリのきいたリースリングで、非常に長くクリアなフィニッシュが楽しめる。

2011 Riesling Marienburg Felsterrasse Grosse Lageリースリング マリーエンブルク・フェルステラッセ グローセ・ラーゲ

産地Mosel
ブドウ品種リースリング100%
熟成フードル8-10ヶ月
アルコール度数14%

ファルケンライの中でもさらに限定された小区画。非常に石と岩の多い斜面にあり、保湿性に富んだ特別なミクロ・クリマの恩恵を受けるモーゼル指折りの銘醸畑。グレースレート主体の土壌で、樹齢70-100年のブドウが植わっている。完熟した白桃やクローヴ、ナツメグなどの緻密なアロマ。ジューシーなアプリコットにエネルギッシュなスレートのミネラルと活気あふれる酸が口の中に広がる。偉大な熟成ポテンシャルを秘めたフルボディのワイン。

2011 Riesling Marienburg Fahrlay-Terrassen Grosse Lageリースリング マリーエンブルク・ファーライ・テラッセン グローセ・ラーゲ

産地Mosel
ブドウ品種リースリング100%
熟成フードル8-10ヶ月
評価Vinous 90
アルコール度数14%

ワイン名はフェリーを意味する「Fahr」とスレートを意味する「Lay」という言葉から作られていて、南向きのこの区画に隣接するモーゼル川をフェリーが横断している様子が浮かぶ。ブルースレート主体の土壌で、樹齢90-100年のブドウが植わっている。白桃やマルメロ、ナツメグのリッチなアロマ。ジューシーなアプリコットに染み入るスレートのミネラルと、生気あふれる美しい酸とのバランスが素晴らしい。フルボディで奥深く、大変長い余韻が楽しめる。