グザヴィエ・ジェラールXavier Gerardフランスローヌ[Condrieu]

リュット・レゾネ、ロッタ・インテグラータ

まさに北ローヌのライジングスター!!
2013年にファーストリリースするやいなや
ワイン・アドヴォケイト誌が「傑出したワインをつくる若い造り手」と称賛

国際市場で人気を巻き起こし、世界中で引っ張りだこだが、各国アロケーションが少なく、欲しくても買えない人続出という状況が続いている。今後の進化にますます目が離せない、要注目の生産者。

Introduction生産者紹介

 コンドリュー村にワイナリーを構えるグザヴィエ・ジェラールは1980年にピエール・ジェラールによって設立された小さな家族経営のドメーヌである。2013年よりピエールの息子グザヴィエが二代目当主として指揮を執っているが、ドメーヌに参画したのは2004年から。オフシーズン毎に世界中のワイナリーを周って研鑽を積んだ彼は、オーストラリア、ニュージーランド、カリフォルニア、南アではかの有名はブーケンハーツでアシスタントワインメーカーを務め、一方国内でもアルザス、ブルゴーニュと各地で修業した。

 約10年に及ぶ他ワイナリーでの経験を経て、満を持して2013VTのコート・ロティを初リリースするや否や、ワイン・アドヴォケイト誌で「傑出したワインを作る若い作り手」と称賛され、その後2015VTのコート・ロティでは、同誌から「ドメーヌ史上最も洗練されている」、デカンター誌の北ローヌパネルテイスティング(マスター・ソムリエやマスター・オブ・ワインがブラインドで行う)で最高得点のうちの一つである97点をたたき出した。これ以降、国際市場での人気に火が付き世界中で引っ張りだこ、各国アロケーションが少なく、欲しくても買えな
い人続出という状況が続いているライジングスターである。

 父親から受け継いだ畑は7.8haでコンドリューとコートロティ、サン・ジョセフに広がる。コート・ロティにはランドンヌやフォンジャンなど珠玉の区画を含んでおり、これらは北ローヌで最も高額かつ人気の高いギガルやジャメのコート・ロティのバックボーンを作っている区画で、仮にこれがブルゴーニュだったらまず間違いなくグランクリュに相当する。そんな区画をグザヴィエはコート・ロティーとして遥かに手ごろな価格でリリースしているのだから、引く手あまたになるのはごく当たり前の流れである。

 畑はリュット・レゾネで栽培、機械耕作ができない程傾斜が急なため全て手作業で行われる。白では大樽、赤ではステンレスタンクを使用してアルコール発酵、マロラクティック発酵を行いキュヴェ毎にバリック、デゥミ・ミュイ、フード
ルなど樽のサイズを変えて熟成させる。テロワールとヴィンテージの個性を反映したワインを意図し、ブドウ一つ一つのポテンシャルを最大に発揮させる彼のワインはピュアな果実と美しい酸、はっきりとしたミネラルが見事なバランスで支えあっている。

 「2013年から指揮を執るグザヴィエのワインはますます力をつけている」とデカンター誌から評価を受け、ジャンシス・ロビンソンからは「将来有望の若手で、見逃してはいけない」とポテンシャルの高さを証明。北ローヌのライジングスターであるグザヴィエ・ジェラール。2013年のファーストリリース以降、世界市場で人気を巻き起こし、愛好家をうならせるワインを世に送り出している。今後の進化にますます目が離せない、要注目の生産者である。

Technical Dataテクニカルデータ

オーナーグザヴィエ・ジェラール
醸造責任者グザヴィエ・ジェラール
所有畑面積7.8ha
栽培方法全て手作業。傾斜があるためトラクター等を入れたことはない。
醸造方法ヴィオニエ:収穫は朝のみ。全房を直接プレスし、ドゥミ・ミュイ(600ml大樽)でアルコール発酵、マロラクティック発酵を行う。瓶詰めまで澱引きはしない。

シラー:25~75%除梗。ステンレスタンクでアルコール発酵。18~22日間のマセラシオンを経てプレス。その後、サン・ジョセフはバリック(ブルゴーニュ型)で1年間熟成。コート・ロティは1/3をフードル、1/3をデゥミ・ミュイ、1/3をバリックで2年間熟成。

Item Listアイテム一覧

※アイテムリストは随時変更になります。
※価格は税抜き表示です。

2018 Viognierヴィオニエ

希望小売価格¥3550

産地IGP Collines Rhodaniennes
ブドウ品種ヴィオニエ100%
熟成ステンレスタンク12ヶ月
アルコール度数14%

コンドリューの丘の上部、ヴェラン村にある1.5haの畑。樹齢は平均20年、モスコヴァイト(白雲母)混じりの花崗岩土壌。完熟したオレンジやメロンにミネラルと生姜のニュアンスが溶け込むアロマ。たっぷりとした果実の広がりを感じる口当たりで、そこから柑橘系やほのかにハーブが香るフレーバーが続く。凝縮感がありながらも焦点の定まった味わいで余韻も非常にクリアで心地よい。

2018 Condrieu Arbuelコンドリュー アルビュエル

希望小売価格¥6950

産地Condrieu
ブドウ品種ヴィオニエ100%
熟成大樽(600L)12ヶ月
アルコール度数14%

(準備中)

2018 Condrieu Cote Chatillonコンドリュー コート・シャティヨン

希望小売価格¥7750

産地Condrieu
ブドウ品種ヴィオニエ100%
熟成大樽12ヶ月(新樽15%)
評価Decanter93 JR16
アルコール度数14.5%

コンドリューの丘にある単一区画で南-南東向きの0.98ha。樹齢は33年。土壌は花崗岩の一種である黒っぽいミグマタイト。フレッシュな桃、アンズやアプリコットにすみれ、ハチミツ、砂糖漬けの生姜などの刺激的で香り高いアロマにチョーキーなミネラルのニュアンスを感じる。口の中では、活気に満ちたクリアなスタイルで、後半になると一段と深みを増していく。フローラルなニュアンスが心地よいフィニッシュには、ミネラルが溶け込み長く続く余韻が楽しめる。

2018 St. Joseph Blanchardサン・ジョセフ ブランシャール

希望小売価格¥5000

産地St. Joseph
ブドウ品種シラー100%
熟成バリック(新樽20%)12ヶ月
評価JR17
アルコール度数14%

サン・ジョセフの北部、シャヴァネイ村にある0.72haの一区画。樹齢は若いものから古くは1940年植樹のものまで。表面に小石の多い、ゴア(花崗岩の一種)土壌。黒系果実や肉、黒こしょう、リコリス、ドライフラワーの花びらの素晴らしいアロマ。瑞々しい果実味に良質な酸、素晴らしい余韻と優しいタンニンを持つ上級のシラー。 力強さや余韻の長さを犠牲にすることなく、素晴らしい複雑さとサン・ジョセフの優美さを持ち続けている。

2017 Cote Rotieコート・ロティ

希望小売価格¥8400

産地Cote Rotie
ブドウ品種シラー100%
熟成バリック50%(新樽25%)、大樽(600L, 新樽15%)50%で2年
評価Decanter94
アルコール度数14%

畑は3.2haで4区画(モラール、ヴィアレール、ラ・ブロッス、ラ・ランドンヌ)のブレンド。樹齢は平均30年。モラールはシスト、その他はマイカ・シストの土壌。素晴らしくピュアなカシス、ブラックラズベリーにスミレやウッドスモーク、グリーンオリーヴのアロマ。ベルベットのようなまろやかな口当たりで、肉付きの良い果実味と心地よいタンニンが絶妙に溶け込み素晴らしいテクスチャーを生み出している。調和のとれた長い余韻が楽しめる。

2016 Cote Rotie Landonneコート・ロティ ランドンヌ

希望小売価格¥24000

産地Cote Rotie
ブドウ品種シラー100%
熟成バリック(新樽33%)36ヶ月
アルコール度数14%

コート・ロティの極上の区画であるランドンヌにあるわずか0.25haの畑。樹齢は37年で酸化鉄が多く混ざったマイカ・シスト土壌。完熟したブラック・カラントやラズベリーにリコリス、スモーク、フローラル、エキゾチック・スパイスののヒントがある複雑なアロマ。口に含むと果実の肉付きの良さや凝縮感を感じ、甘くスモーキーなカシスやブラックベリーのフレーバーが広がり、滑らかで調和のとれたタンニンが生み出すテクスチャーが楽しめる。素晴らしい余韻と長熟ポテンシャルを持つ、年産わずか2樽の非常に希少なワイン。