シャトー レ・ヴァロンティーンChateau Les Valentinesフランスプロヴァンス&コルス[Provence (La Londe les Maures)]

ビオロジック、ビオディナミ認証あり

プロヴァンスの中でも最も理想的な産地、ラ・ロンド・レ・モール
このテロワールの独自性と素晴らしさの表現に情熱を注ぐ

「アペラシオンの優良株」と評される彼らのワインは、世界に名だたる5ツ星ホテルにもオンリストされている。

Chateau Les Valentines

Introduction生産者紹介

白、ロゼ、赤の全てが
高いクオリティとなる
プロヴァンス

現在フランスではワインの消費量の30%をロゼが占め、世界的にもロゼ人気が高まっているが、フランスの数あるアペラシオンの中でも、白、ロゼ、赤の3種類のワインを全て高いクオリティで造ることができる土地は貴重である。その価値ある生産地のひとつであり、ロバート・パーカーが「ブドウ栽培に理想的な気候」と評する優れた生産地がプロヴァンスだ。

ワインへの情熱が高じ、パリの実業家から醸造家に転身したジル・ポンスは、プロヴァンスが同国第一位のロゼの産地として世界的な注目を集めるより以前に、そのポテンシャルを確信していた。彼が理想とする場所は、コート・ド・プロヴァンスのアペラシオン南部の地中海に面した町ラ・ロンド・レ・モールにあった。総じて石灰の影響が強いプロヴァンスでは味わいの後半の引き締めが強くタイトなワインが多くなるが、このエリア特有のシスト土壌はより柔らかくふくよかな味わいを生む。溢れんばかりの日光が降り注ぎ、爽やかな海風が絶えず吹く、この地の偉大なテロワールに魅せられた彼は1997年に畑を取得しワイン造りを開始。
ワイナリーは息子のヴァロンタンと娘のクレモンティーヌに因んでシャトー・レ・ヴァロンティーンと命名され、1998年2月14日のヴァレンタインデーに初ヴィンテージがリリースされた。

テロワールの素直な
表現を目指し、
ビオロジックを採用

畑の前の所有者は収穫したブドウを協同組合に売っていたため、設立当時は畑と古い家屋しかなく、発酵用のタンクはもちろん、醸造用設備を一から揃えなければならなかった。また、畑自体は100年以上前に拓かれたものだったが、ほとんど手入れがされておらず、植え替えを含めた入念な手入れも必要だった。新米醸造家として学ぶことは多く、「最初の5年はとても大変だった」とジルは当時を振り返る。しかし彼は何より、素晴らしいテロワールの中でワインを造ることができる幸運に感謝している。高いクオリティのブドウを育む痩せたシスト土壌。日照豊富で病害の心配が少ない乾燥した気候。夏の暑さを和らげる海風によりブドウの成熟が緩やかに進むため、エレガントで繊細な果汁が得られる。

この卓越したテロワールを可能な限り自然に表現するため、ブドウ栽培にはビオロジックを採用。土壌を活性化し、その特徴をブドウに反映するために、年に数回畑を耕している。収量は低く抑え、ベーシックなワインでもアペラシオンの平均収量を下回る45hl/ha以下である。醸造面でも、技術に頼るのではなく、人の手の介在を最小限にとどめた伝統的なアプローチで、テロワールの素直な表現を目指している。

5ツ星ホテルにも
オンリスト

一方で、ジルは自身のワイナリーだけではなく、ラ・ロンド・レ・モールの魅力を世に広めることにも力を入れている。総栽培面積は2万haと広大なコート・ド・プロヴァンスでは畑の場所は海岸から内陸の山麓までと様々で、そのテロワールはモザイクのように多様である。ラ・ロンド・レ・モールの独自性と素晴らしさを周知すべく、彼は近隣の生産者と協力して生産者団体の設立。彼らの地道な活動の甲斐あって、2008年にラ・ロンド・レ・モールを含めた4つのコミューンに対しCote de Provence "La Londe"の呼称が認められた。このようにコート・ド・プロヴァンスでサブ・アペラシオンが認められているのはラ・ロンド含め4つの地区のみ。ラ・ロンド・レ・モールの傑出したポテンシャルと、ジルの慧眼がうかがえる。

ワイナリー設立から15年余り、彼は少しずつ醸造施設の充実と畑の整備・拡大に取り組み、ワインのクオリティを堅実に向上させていった。今やレ・ヴァロンティーンはこの地を代表する生産者の一人となり、世界に名だたる5ツ星ホテルの数々にもオンリストされている。フランス有数のワインガイド、ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランスの『地中海の偉大なワイン』のドメーヌ100選に掲載され、同誌から「アペラシオンの優良株」と評される。40haの畑から数種のワインを生み出しているが、カプリース・ド・クレモンティーヌはプロヴァンスらしく「テラスでくつろぐように楽しむワイン」と位置付けられている。

Technical Dataテクニカルデータ

オーナーGilles Pons & Pascale Pons-Massenot
醸造責任者Gilles Pons & Jean-Christophe Dumoulin
所有畑面積40ha
土壌シスト、石英が混ざった雲母状シスト、古い崩積層
栽培方法卓越したラ・ロンド・レ・モールのテロワールを可能か限り自然に表現するため、ビオロジックを採用。土壌を活性化し、その特徴をブドウに反映するために、年に数回畑を耕す。収量も低く制限している。
醸造方法カプリース・ド・クレモンティーヌの醸造にはステンレスタンクを使用。白とロゼは圧搾後、18度で温度管理しながらステンレスタンクにてアルコール発酵。赤は3週間ステンレスタンクでマセラシオン。発酵は温度管理しながら行う。

Item Listアイテム一覧

※アイテムリストは随時変更になります。
※価格は税抜き表示です。

2017 Caprice de Clementine Blancカプリース・ド・クレモンティーヌ ブラン

希望小売価格¥2600

産地Cotes de Provence
ブドウ品種ロル50%、ユニ・ブラン50%
熟成ステンレスタンク

黄色い柑橘類や、レモンピール、ミントを思わせるフレッシュな香り。瑞々しい味わいを彩る心地よいミネラル感。非常にフレッシュなフィニッシュはシトラスの風味に満ちている。

2017 Caprice de Clementine Roseカプリース・ド・クレモンティーヌ ロゼ

希望小売価格¥2600

ロゼ

産地Cotes de Provence
ブドウ品種グルナッシュ50%、サンソー50%
熟成ステンレスタンク
アルコール度数13%

桃やイチゴのクリーンなアロマに清涼感あるシトラスのニュアンス。軽やかかつふくらみある果実にフレッシュな酸。白桃やレッドカラントが香るチャーミングな余韻。この土地ならではの深いミネラル感を備えている。

2016 Caprice de Clementine Rougeカプリース・ド・クレモンティーヌ ルージュ

希望小売価格¥2600

産地Cotes de Provence
ブドウ品種シラー40%、グルナッシュ40%、カリニャン20%
熟成ステンレスタンク

ブラックベリーやレッドチェリー、イチゴのジューシーな香りに黒いスパイスやミントのタッチ。柔らかな果実に満ちた味わいには熟したタンニンが心地よく溶け込んでいる。