ドメーヌ デュテルトルDomaine Dutertreフランスロワール[Touraine (Limeray)]

リュット・レゾネ、ロッタ・インテグラータ

設立は19世紀後半、5世代続く家族経営の老舗ドメーヌ

トゥーレーヌにある6つのサブ・アペラシオンの中でも高い評価を受けるトゥーレーヌ・アンボワーズの設立に尽力した生産者の1人であり、このアペラシオンを代表する作り手。

Introduction生産者紹介

トゥーレーヌ・
アンボワーズ

A.O.C.トゥーレーヌはトゥールの街を中心に、ロワール河の両岸に沿って広がる。4400haのもの栽培面積を持つこの広大なアペラシオンは6つのサブ・アペラシオンを含んでいる。その中で高い評価を受けるのが、ヴーヴレに隣接するトゥーレーヌ・アンボワーズだ。

レオナルド・ダ・ヴィンチが晩年を過ごしことで知られるアンボワーズ周辺の10のコミューンからなるこのアペラシオンは、1939年に設立されたコトー・ド・トゥーレーヌに含まれるエリアを基に1954年に制定された。古くから認められてきたこの地のポテンシャルを示すため、トゥーレーヌ・アンボワーズの設立に尽力した生産者の一人がデュテルトルである。

1世紀以上に渡る
ワイン造りの歴史

ロワール右岸のリムレ村に構えるこのドメーヌは、19世紀後半に設立された老舗である。5代目となるジル・デュテルトルがワイン造りに参加した1989年以降、リュット・レゾネでワイン造りを行っている。37haの所有畑はロワール河を望む南向き斜面にあり、日照の良さとロワール河の影響を受けた温暖な準海洋性気候によりブドウがよく熟す。畑には砂や粘土など様々な土壌があるが、ヴーヴレにも見られるシレックスが混ざった粘土質土壌、ペリュシュが特に優れたワインを生む。デュテルトルでは、この土壌の区画にはシュナン・ブランをはじめコット、カベルネ・フランといった高貴品種を栽培している。

設立以降、数々のコンクールやワインガイドで高い評価を受けている彼らのワインには1世紀以上に渡るワイン造りの歴史が詰まっている。その実直な味わいには、トゥーレーヌ・アンボワーズを代表する生産者としての静かな貫禄が感じられる。

Technical Dataテクニカルデータ

オーナーGilles Dutertre
醸造責任者Gilles Dutertre
所有畑面積37ha
土壌シレックスが混ざった粘土質土壌(ペリュシュ)、砂まじりの粘土質
栽培方法リュット・レゾネ
醸造方法クレマン・ド・ロワールの熟成は法定熟成期間の倍の24カ月以上かけて行う。
白(クロ・デュ・パヴィヨン)の醸造はステンレスタンクで16-18度で温度管理しながら発酵。
赤(キュヴェ・プレスティージュ)は品種ごとに最大の熟度に達したブドウを低温浸漬。毎日ルモンタージュを行う。アルコール発酵、マロラクティック発酵を経てバリックで熟成。

Item Listアイテム一覧

※アイテムリストは随時変更になります。
※価格は税抜き表示です。

N.V. Cremant de Loire Cuvee St. Gillesクレマン・ド・ロワール キュヴェ・サン・ジル

希望小売価格¥2500

スパークリング(白)

産地Cremant de Loire
ブドウ品種シュナン・ブラン30%、シャルドネ30%、ピノ・ノワール30%、カベルネ・フラン10%
熟成24ヶ月以上
アルコール度数12.5%ドサージュ9.8g/L

土壌に合わせて植え分けた複数のブドウをブレンドすることで、トゥーレーヌ・アンボワーズのテロワールを総合的に表現。白品種だけではなく、赤品種も用いることで奥行き、厚み、ストラクチャーが備わる。旨みのあるクリアな果実。味わいの重量感ではなく、しっかりとしたミネラルの骨格で魅せる通好みの味わい。

2015 Touraine Amboise Blanc Clos du Pavillonトゥーレーヌ・アンボワーズ ブラン クロ・デュ・パヴィヨン

希望小売価格¥2100

産地Touraine Amboise
ブドウ品種シュナン・ブラン100%
熟成ステンレスタンクでシュール・リー
アルコール度数12.5%

クロ・デュ・パヴィヨンはドメーヌが構えるリムレの村の斜面上方に広がる単一畑。南向きで日照豊かなことに加え、ヴーヴレにも見られるペリュシュと呼ばれるシレックスが混ざった粘土質土壌が上質なシュナン・ブランを育む。シトラスや洋ナシ、白桃の奥ゆかしい香り。しなやかな味わいを背後から支える堂々たるミネラル感は余韻にも長く感じられる。