ダヴィッド・エ・デュヴァレDavid & Duvalletフランスロワール[Muscadet (Le Landreau)]

リュット・レゾネ、ロッタ・インテグラータ

軽くて安い白というミュスカデのイメージを覆すワインを生み出す
エネルギッシュな新世代

ミュスカデ最良のアペラシオンと名高いミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ。その中核となるル・ランドローに本拠をかまえ、この地のテロワールの表現に情熱を注ぐ。

Introduction生産者紹介

ミュスカデの概念を
覆す魅惑的なワイン

ダヴィッド・エ・デュヴァレは、1927年から続くドメーヌの4代目ステファン・ダヴィッドと、パリでソムリエとして働いていたセバスティアン・デュヴァレにより2011年に設立された。30haの所有畑の内、25haがミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌのアペラシオンに広がる。彼らが本拠とするル・ランドローは代々ダヴィッド家がワイン造りを行ってきた土地である。人口約20人という小さな村だが、ここはミュスカデの可能性を切り開いた偉人ギィ・ボサールもドメーヌを構える、ミュスカデの中核となる生産エリアだ。

ミュスカデといえば軽快な味わいの安価な白を想像するが、ダヴィッド・エ・デュヴァレのワインはそれとは一線を画す。彼らの畑が属するミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌは、ミュスカデ全体の栽培面積の85%を占め、ミュスカデ最良のアペラシオンと名高い。フランスでは珍しい石灰を含まない土壌が特徴的で、ガブロと呼ばれる火山性の岩石や花崗岩、シスト、片麻岩など変化に富んだ土壌を持つ畑が広がる様はパッチワークのようである。

収穫を遅くし
理想的な熟度に達した
ブドウのみを使用

彼らがモットーとするのは、畑ごとに異なるテロワールの特性とそれを取り巻く自然環境を尊重したワイン造りを行うことである。ブドウ栽培はリュット・レゾネを採用。除草剤は使わず、畑を耕し、土壌の活性化を図っている。また、収穫を早めてフレッシュな酸を残す昔ながらのミュスカデと対照的に、収穫を遅くし理想的な熟度に達したブドウのみを用いている。醸造はもちろん、区画ごとに分けて行っている。全ては畑のキャラクターを微細な違いも含めてワインに反映させるためである。

テロワールの表現に情熱を注ぐ彼らの想いが最もクリアに伝わるのはレ・バルボワールとクロ・デュ・フェールのワインだ。ガブロと呼ばれる火山性の岩石からなる土壌を持つ平地の畑レ・バルボワールと、雲母状シストの土壌を持つ斜面の畑クロ・デュ・フェール。偉大な隣人ギィ・ボサールと同じく、この地に特徴的なそれぞれの土壌から造られたワインは、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌのテロワールから本来生まれるべき味わいを見事に体現している。

Technical Dataテクニカルデータ

オーナーStephane David & Sebastien Duvallet
醸造責任者Stephane David
所有畑面積30ha
土壌ガブロ、雲母状シスト
栽培方法リュット・レゾネでの環境に配慮したブドウ栽培。除草剤は使わず、畑の土は耕す。
醸造方法ブドウが理想的に熟すまで待って収穫を行う。18度で温度管理しながらステンレスタンクでアルコール発酵。澱とともに熟成させる。

Item Listアイテム一覧

※アイテムリストは随時変更になります。
※価格は税抜き表示です。

2016 Muscadet Sevre et Maine Sur Lie Les Barboires ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ シュール・リー  レ・バルボワール

希望小売価格¥1800

産地Muscadet Sevre et Maine
ブドウ品種ムロン・ド・ブルゴーニュ100%
熟成地下に埋めたガラスタイルコーティングのタンクで8ヶ月
アルコール度数12.5%残糖0.9g/L

平地に位置する南向きの畑レ・バルボワールのブドウを使用。ガブロと呼ばれる火山性の岩石からなる土壌がパワーとフィネスをワインにもたらす。フローラルで広がりのある香り。立体的な酸とクリーンな果実が織りなす味わいは非常にフレッシュで心地よい。

2015 Muscadet Sevre et Maine Sur Lie Clos du Ferre Vieilles Vignes ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ シュール・リー  クロ・デュ・フェール ヴィエイユ・ヴィーニュ

希望小売価格¥2000

産地Muscadet Sevre et Maine
ブドウ品種ムロン・ド・ブルゴーニュ100%
熟成ステンレスタンクで澱とともに10ヶ月
アルコール度数12%残糖2.5g/L

斜面に位置する南西向きの畑クロ・デュ・フェールの中の古樹の区画のブドウを使用。最高樹齢は60年。雲母状シストの土壌に特徴的なレモンなどの黄色いシトラスの香り。柔らかなアタックに続き、キメ細かな果実が滑らかに広がる。中盤から徐々に現れるかっちりとしたミネラル感。かすかなほろ苦さを感じる余韻に至るまで非常にエレガント。