シャトー・グリュオ・ラローズChateau Gruaud Laroseフランスボルドー[Saint Julien]

ビオロジック、ビオディナミ認証あり

ボルドー左岸の模範的シャトー、グリュオ・ラローズ
格付けグランクリュとしての秀逸さは世紀を超えて不変であり、
年を経るごとに偉大な帝国を思わせるエレガンスと洗練が表れる

Introduction生産者紹介

王のワイン、
ワインの王

メドック地区のほぼ中央、ポイヤックとマルゴーという最も有名なアペラシオンの間に位置するサン・ジュリアンは過小評価されがちだが、メドックで安定したクオリティを求めるならば目指すべき産地である。総面積はメドックの主要なA.O.C.の中で最少となる880ha、11の格付けシャトーだけでこの8割を占める。サン・ジュリアンは一級シャトーこそ持たないものの、5つの二級シャトーを擁し、その内のいくつかは時には一級にも迫ると評される。ロバート・パーカーも「上から下まで、ボルドーのアペラシオンでは最も一貫している」と認めるサン・ジュリアンの中で、グリュオ・ラローズは凝縮感と熟成のポテンシャルを備えたワインの代表格に挙げられる。

1855年の格付けで二級に叙せられたこのシャトーは、1757年にグリュオ家により創設された。18世紀後半には既に高い名声を得ており、一級格付けのシャトーに次ぐ価格で取引されていたという。現在、ラベルに記された「Le Vin des Rois Le, Roi des Vins(王のワイン、ワインの王)」という言葉は、このワインが宮廷で愛でられていた歴史を示しており、王冠はその発展に大きく寄与した当時の所有者サルジェ・ド・ラフォンテーヌ男爵の爵位を表している。

19世紀後半にシャトーは2つに分割されたが、1917年にオーナーとなったボルドーの名門コルディエ家により1935年に再び統合され、同家のバックアップを受けて世界中で広く親しまれた。その後1983年に金融グループに、1993年には通信機器会社のアルカテル・アルストムに売却された。ワイン産業とは関係のない巨大資本の所有になれば、クオリティが落ちるのではと危惧する者もいたが、実際はその逆で、更なる向上を目指し、巨額の費用を投じてシャトー全体で大規模な改修が行われた。1997年に現在の所有者であり、シャス・スプリーンなどボルドーの複数の著名シャトーのオーナーでもあるジャン・メルローの手に渡った時には、セラーの増築や醸造設備の刷新など、必要な設備投資が全て完了した状態だった。

75もの区画分けられ
管理された畑

グリュオ・ラローズは、サン・ジュリアンのシャトーが集中するジロンド河沿いではなく、内陸の高台に位置している。82haの畑はシャトーを取り囲むように広がり、土壌は主に粘土と石灰の上に厚く堆積した非常に水はけのよい砂利質の層からなる。粘土の含有量はサン・ジュリアンの他の畑よりも高く、これがグリュオ・ラローズの肉厚な力強さに寄与する。土壌の構成要素も豊かであり、一部では粘土質や砂質の区画があることも特徴である。砂利質にカベルネ・ソーヴィニヨン、粘土質にメルロ、砂質土壌にカベルネ・フランやプティ・ヴェルドと、各品種を最適な土壌に植えることができるからだ。平均樹齢は約40年。中には樹齢100年近い古樹も現存する。

この畑のポテンシャルをワインに一層反映させるため、ジャン・メルローはシャトーを取得以降、農薬の使用をやめ、ビオロジックでの栽培に切り替えた。彼が行った改革には、フェロモン剤を用いた害虫対策や、除葉、余分な芽や枝の除去、グリーンハーヴェスト、さらには気象観測所まで設けて天候をチェックする予防的な病害対策も含まれる。光合成の効率を上げるために、以前よりもブドウのつるを長く残してブドウの樹を選定している。更に82haの畑は、ロケーション、品種、土壌、樹齢などに従って75もの区画分けられ、区画ごとに生育状況や収穫時期が細かく管理されている。収穫時の選果は区画ごとに畑とセラーで合計2回行われ、優れたブドウのみがグリュオ・ラローズの名を冠したワインとなることを許される。

これまで以上に
洗練されたスタイル

グリュオ・ラローズは20世紀に入り3度も所有者が変わったが、「偉大なヴィンテージでは、一級相当の品質のワインを生み出している」とロバート・パーカーが称賛する通り、数々の素晴らしいワインを一貫して世に送り出してきた。それは偉大なテロワールに起因するだけではなく、1970年から約30年に渡り醸造責任者を務めたジョルジュ・ポリが徹底してクオリティの維持に努めて来たからでもある。彼の卓越した手腕にメルローの改革が加わることで、フィネスとエレガンスが増したと評される。

2007年には、ポリの引退に伴い、エリック・ボワスノがコンサルタントに就任。ポリはしっかりとしたストラクチャーを引き出すため、醸造では抽出を強くする傾向にあったが、ボワスノはテロワールの表現とヴィンテージのキャラクターを尊重した繊細なワイン造りを行う。これまで以上に洗練されたスタイルで表現されるグリュオ・ラローズの個性。新たなポテンシャルとの出会いに期待が高まる。
(※販売面での協力関係にあるパートナー・シャトーであり、正規代理店商品ではありません。)

Technical Dataテクニカルデータ

オーナーJean Merlaut
醸造責任者Philippe Carmagnac
ディレクターDavid Launay
コンサルタントEric Boissenot
所有畑面積82ha
土壌粘土と石灰の上に厚く堆積した非常に水はけのよい砂利質の層
栽培方法ビオロジック。光合成の効率を上げるために、以前よりもブドウのつるを長く残して剪定する。殺虫剤、除草剤を使わず、フェロモン剤による害虫対策や、除葉、余分な芽や枝の除去、グリーンハーヴェスト、さらには気象観測所まで設けて天候をチェックする予防的な病害対策を行う。
醸造方法手作業で収穫後、区画ごとに畑とセラーで2度セレクションを行う。発酵にはセメントタンクとトロンコニックを使用。31-33度でアルコール発酵を行い、テイスティングに従って1日2回ルモンタージュ。マセラシオン期間は21-35日。その後重力システムを使ってフリーランのワインのみを分離し、プレス。マロラクティック発酵にはバリックとオーク樽を用いる。熟成はフレンチオークのバリックで16-18ヶ月熟成(サルジェ・ド・グリュオー・ラローズは14ヶ月)

Item Listアイテム一覧

※アイテムリストは随時変更になります。
※価格は税抜き表示です。

1999 Sarget de Gruaud Laroseサルジェ・ド・グリュオ・ラローズ

産地Saint Julien
ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン67%、メルロ25%、カベルネ・フラン6%、プティ・ヴェルド2%
熟成バリック14ヶ月(新樽10%)
アルコール度数12.5%

シャトーの発展に尽力したサルジェ・ド・ラフォンテーヌ男爵の名を冠したセカンドワイン。若樹のブドウにグリュオ・ラローズに用いられなかった古樹のブドウがブレンドされる。ブドウの生育が早く、豊作のヴィンテージ。春先から9月上旬まで気温が高く、酸が穏やかで滑らかな果実を備えたワインとなった。下草、マッシュルーム、シガーの香り。熟しているが存在感のあるタンニンがリッチでバランスの良い味わいに溶け込んでいる。

2003 Sarget de Gruaud Laroseサルジェ・ド・グリュオ・ラローズ

産地Saint Julien
ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン72%、メルロ21%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド2%、マルベック1%
熟成バリック14ヶ月(新樽10%)
アルコール度数13%

シャトーの発展に尽力したサルジェ・ド・ラフォンテーヌ男爵の名を冠したセカンドワイン。若樹のブドウにグリュオ・ラローズに用いられなかった古樹のブドウがブレンドされる。カベルネ・ソーヴィニヨンが素晴らしい傑出したヴィンテージ。凝縮したリッチな味わいに雨が少なく暑いこの年の気候が伺える。収穫は9/10にメルロから開始し、9/30にカベルネ・ソーヴィニヨンで終えた。赤い完熟果実が詰まった複雑な香り。濃密な果実には存在感あるタンニンが細かく溶け込んでいる。

2007 Sarget de Gruaud Laroseサルジェ・ド・グリュオ・ラローズ

産地Saint Julien
ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン56%、メルロ32%、カベルネ・フラン10%、マルベック2%
熟成バリック12ヶ月(新樽10%)
アルコール度数12.5%

シャトーの発展に尽力したサルジェ・ド・ラフォンテーヌ男爵の名を冠したセカンドワイン。若樹のブドウにグリュオ・ラローズに用いられなかった古樹のブドウがブレンドされる。心地よい丸みのある軽やかなワインで、豊かな果実実とフィニッシュには繊細なタンニンが感じられる。スモーキー、トースティー、ミネラルのノートといった要素がブラックフルーツのシルキーな芳香をさらに際立たせている。

1994 Ch Gruaud Laroseグリュオ・ラローズ

産地Saint Julien
ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン66%、メルロ25%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド4%
熟成バリック16-18ヶ月(新樽30%)
アルコール度数12.5%

暖かく雨が多い冬に続き、非常に気温が高く乾燥した3月により、生育期の始まりは非常に早かった。暑い夏が育んだ豊かなタンニンのおかげで、熟成を経て開花するヴィンテージとなった。ドライハーブやタバコ、甘いスパイスをまとった黒系果実のアロマ。滑らかなアタックに続く円熟の味わいには、しっかりとタンニンの存在感も感じられる。

2004 Ch Gruaud Laroseグリュオ・ラローズ

産地Saint Julien
ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン58%、メルロ33%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド3%、マルベック1%
熟成バリック16-18ヶ月(新樽30%)
アルコール度数13%

クラシックで繊細なヴィンテージ。気温が低く雨が多かった春のおかげで生育期のスタートは遅かった。5月に気温が上がり、開花が促されたが開花に要する期間は長く、5月下旬から6月時中旬までかかった。8月は気温が低く雨が多かったが、9月は晴天に恵まれ、昼夜の寒暖差が糖度と酸度の素晴らしいバランスをもたらした。チェリーやプラム、ナッツ、スパイスの香りにほのかなミントのニュアンス。しなやかな果実とフレッシュさを備えた味わいは非常に調和的。