シャトー・デギュイユChateau d’Aiguilheフランスボルドー[Cotes de Castillon]

サン・テミリオンの奇才ナイペルグ伯爵×天才醸造家ステファン・デュルノンクール

コート・ド・カスティヨンを注目の産地として知らしめた実力派シャトー

Introduction生産者紹介

理想的なテロワール

ラ・モンドット、クロ・ド・ロラトワール、シャトー・カノン・ラ・ガフリエールなどを所有するステファン・フォン・ナイペルグ伯爵が、注目の産地コート・ド・カスティヨンで手掛けるのがシャトー・デギュイユである。
12世紀後半から続くボルドーでも最も古いシャトーの一つであるが、ナイペルグ伯爵が取得後、ブドウの植え替えや醸造技術及び設備の近代化を行い、天才醸造家ステファン・ドゥルノンクールとのタッグによって飛躍的に品質が向上した。

コート・ド・カスティヨンとサン・テミリオンの境に位置するシャトーは、「Aiguille(針)」という名前の通り、片側が丘、もう一方が小さな谷間という岩の多い切立った高台にあり、50haの畑を所有する。この高台まで、サン・テミリオンから続く石灰層が横たわっており、コート・ド・カスティヨンにありながら理想的なテロワールであると云える。

ブドウはビオディナミの手法をもとに、堆肥や植物をベースとした調剤を使用するなど環境にやさしい栽培法を採用するとともに、月暦に合わせて作業を行う。2015年には最新の醸造設備が整えられ、近代化が完了した。重力を利用した移送システムを取り入れ、新たに設置された9つの円錐型のコンクリートタンクを含む26のタンクでの発酵後、マロラクティック発酵と熟成にはフレンチオーク樽が用いられる。

デキャンタ誌にて「マスター・オブ・ワインが選ぶお買得ボルドー」として最高得点を獲得するなど、コストパフォーマンスの高さが国内外から注目を集めている。

Technical Dataテクニカルデータ

オーナーStephan von Neipperg
コンサルタントStephane Derenoncourt
所有畑面積50ha
土壌粘土質石灰岩。丘の上部で水はけがよく、南向きの畑。
栽培方法ヴィオディナミの手法をもとに、化学的なスプレーなどは極力使わず、堆肥や植物をベースとした調剤を使用。月暦に合わせて作業をする。収獲は、ブドウを傷つけないように手作業で行い、小さな籠(ケース)に入れる。除梗の前後に選果し、破砕はしない。ブドウはグラヴィティー・フロー(重力を利用して)でタンクに移動させる。
醸造方法温度調節のできる木製大樽で、空気圧式のパンチング・ダウンによるキャップマネージメントをしながら25~30日間発酵。マロラクティック発酵はオークの新樽を最大80%まで使用し、その間は澱引きはしない。必要に応じて清澄、ろ過する。樽熟は15~20カ月。

Item Listアイテム一覧

※アイテムリストは随時変更になります。
※価格は税抜き表示です。

2016 Seigneurs d’Aiguilheセニョール・デギュイユ

希望小売価格¥3200

産地Cotes de Castillon
ブドウ品種メルロ75%、カベルネ・フラン25%
熟成バリック6ヵ月の後ステンレス9カ月
アルコール度数14%

「常に飲みごろ」をコンセプトに造られるセカンドワイン。フレッシュなブラックチェリーやブルーベリーのアロマ。ジューシーな甘く優しい果実味としなやかなタンニンが感じられ、心地よいフレッシュさも楽しめる。

2011 Chateau d’Aiguilheシャトー・デギュイユ

希望小売価格¥5700

産地Cotes de Castillon
ブドウ品種メルロ80%、カベルネ・フラン20%
熟成バリック15カ月(新樽45%)
アルコール度数13.5%

甘美なブラックカラント、ローストコーヒーやリコリスのアロマ。甘いタンニン、丸く豊かなテクスチャーと印象的なピュアさに加え、長い余韻を感じられる。