TRANSPORT MANAGEMENT
徹底した輸送管理

実はリーファー輸送だけではダメなのです!

ワインの輸送はリーファー(定温)コンテナを使用している、
もしくは航空便を使っているから安心というように単純なものではなく、
輸送中の全ての過程においてダメージを防ぐための一貫した細やかな配慮が重要です。

ワイナリーから日本への船便輸送の流れ

※フォワーダーとは、ワイナリーでの集荷から日本の港に到着するまでの全ての輸送手配を行う国際輸送業者です。

フィラディスがこだわっている重要POINT

POINT1

信頼できるフォワーダーを選び徹底した温度管理をする

イタリア、スペインではリーファートラックの調達が困難です。更にリーファートラックでの集荷を依頼しても常温トラックが行ってしまうことがあります。その為ワイナリーでの集荷の時点からきちんと15℃のリーファートラックを使い、コンテナへの積み込み作業を定温倉庫で行う、信頼できるフォワーダーに依頼することがとても重要です。フィラディスでは国ごとに最も信頼のおけるフォワーダーに依頼し、管理を確実にしています。

POINT2

船積みを待つ間もコンテナの冷却装置を稼働させる

通常リーファーコンテナは船積みを待つ間、冷却装置の電源は入っていません。しかしコンテナに積まれたワインは屋根のないコンテナヤードで船積みを待つことになります。その間の移動や税関申告中、船積みを待つ時間もダメージを受けるリスクがある為、フィラディスでは別料金のオプションでこの間も冷却装置を稼働させています。海上をリーファー輸送するだけでは不十分で、それ以外の時も徹底した定温管理が出来るかが鍵となります。

POINT3

日本到着後もコンテナで温度管理したまま
国内の定温倉庫へ搬入する

海外での船積みまでの温度管理が大切なのと同様、冷却装置を稼働させて通関用の定温倉庫へ搬入します。倉庫は、横浜港内に位置する弊社専用倉庫。コンテナからワインを降ろす際も外気温や直射日光の影響を受けないように最大限の配慮をしていますが、この搬入までの距離の短かさが、ワインへの負担を最小限に抑えることに一役買っています。また、オフィスからも近いため、必要に応じて営業スタッフ自ら状態を確認し、お客様にご報告することも可能です。

POINT4

航空便の場合は必ず直行便を使う、
また空港倉庫に長時間の保管はしない

航空便には輸送期間が短いという大きなメリットがありますが、航空機の貨物室内の空調は定温設定の機能がなく、船便のリーファーコンテナのように正確な温度設定ができません。また空港には定温倉庫がないことが多く、搭載を待つ間は一時的に常温での保管となります。成田空港には4月~10月は15℃の定温保管場所が設置されるので、その期間はそれを利用しますが、常温での保管時間を出来る限り短くする為、通常フィラディスではフライトに間に合うぎりぎりのタイミングで集荷をしています。また、経由地での外気温の上昇や積み替えによるダメージを防ぐ為に直行便しか利用しません。時期により、出発および到着時刻が早朝もしくは夜間のフライトをリクエストすることもあり、出来うる細心の注意を払っています。

POINT5

ヨーロッパが最も暑い6月下旬~8月中旬は集荷を行わない

このように徹底した温度管理をしていますが、全てをコントロールしやすい日本と違い、ヨーロッパでは何が起こるかわかりません。万全を期す為にヨーロッパの気温が最も高くなる2ヶ月間は集荷をしていません。

実際の輸送中の温度グラフ
*8月30日にコンテナにワインを詰めてから10月14日に入庫するまで、シンガポール寄港時を含め、温度は15℃前後に保たれています。
(10月7日に一時19℃まで上がっているのは写真撮影で温度記録計に触れた為です。)

熟成へのこだわり

洞窟の天然セラーで、飲み頃を待つ。

若いワインは、パリ近郊に位置する洞窟を利用したワイン専用の天然セラーにて熟成され、出荷を待ちます。また通常、輸送業者のセラーは湿度管理がされていないため、買付けから輸出まで一定期間置かれるような一部のワインも、日本への出荷までこの契約セラーで理想的な温度、湿度の下、完璧な状態で保管されます。