FOR THE FUTURE
未来のために

お客様とともにつくる
ワインマーケットのこれから

きっかけはそれぞれですが、私たちは皆、ワインの魅力に取りつかれ、大好きなワインの仕事に携わっています。
そして、仕事としてワインを取り扱うからには、他の飲み物にはないワイン独自の魅力を
少しでも多くの人に知ってもらい、美味しいワインによってもたらされる幸せを感じてほしい、
そして更に多くの人にワインを好きになってほしいという思いを強く持っています。

“1本のおいしいワイン”

昨今のバルや立ち飲みブームにより、様々な業態の飲食店でワインを楽しめる機会が増え、スーパーマーケットやコンビニエンスストアにはリーズナブルなワインが並ぶようになりました。ワインを手に取りやすい環境は身近にありますが、日本人の成人の年間ワイン消費量は一人あたり僅か4本強です。これはすなわち、コアなファンが沢山のワインを消費している一方で、大多数の人が日常的にはワインを飲んでいないということです。
日本でワインを日常的に選んで頂ける飲み物にするためには、流通しているワインの質の向上が不可欠ではないでしょうか。売り易さの為の話題性が先行して中身が伴わないワインや、価格だけを重視し味わいに劣る大量生産のバリューワインが多く出回っているだけでは、本当のワインの良さを消費者に伝えることはできません。「1本のおいしいワイン」との出会いこそ、より多くの方にワインに親しんで頂き、ワインファンを増やし、日本のワインマーケットを更に拡大することになると考えています。

クオリティーワインが切り拓く未来

そこで、私たちは熟成し、飲み頃を迎えた特別感のあるファインワインに加え、同じようにこだわりをもって厳選した、身近な存在であるクオリティーワインの取扱いを2007年からスタートしました。クオリティーワインとは、ファインワインの持つ優れた味わいとエレガントさ、すなわち「本物感」を存分に味わって頂けるワインです。素直に美味しいと思えるワインはワインファンを増やし、ワインマーケットを成熟させる為に必要不可欠だと考えています。

お客様のパートナーに

ワインマーケットの質の向上と拡大は、ワインに携わる全ての人に潤いをもたらし、好循環を生み出します。その為にまず私たちは、消費者に直接提供・販売をするお客様を第一に考え、お役に立つことが最重要だと考えています。皆様のお店のファンを増やす為に、ご満足いただけるワインの紹介は勿論のこと、情報提供など出来る限りのご協力をさせて頂き、縁の下の力持ちとなるような良きパートナーになりたいのです。日本のワイン業界を盛りたて、皆様と共に成長していきたいと思っております。