シンプルに「味わい」で選んだおいしいワインを広めたい

代表取締役社長石田 大八朗

熟成したワインに魅せられて

今は絶版になってしまったマイケル・ブロードベントの「プロのためのワインテイスティング入門」。社会人成り立ての時にこの本を手にしたことが私とワインとの本当の出会いとなりました。
それまでもワインは大好きでしたが、この本をきっかけに、ワインの世界をいつか本当に理解したい、本格的に勉強してこの本に書いてあることをわかるようになりたい、と思ったのです。そして深く知ろうと思うほどにさらに興味が深まり、間もなくワインを一生の仕事にしようと心に誓いました。

中でも熟成して飲みごろを迎えたワインの、言葉では表現しつくせない深い味わいと香り、若い時とはまったく異なる表情を見せるその魅力に取りつかれました。そして多くのワインがあまりにも早く、その魅力を開花させる前に飲まれていることが残念でならず、「きれいに熟成した、おいしいワインをもっと日本のマーケットに広めたい」という思いから2003年に私一人で設立したのがフィラディスです。

設立から10年を迎え、今は熟成したワインとクオリティーワインという2本柱になりましたが、‘おいしいワインを広めたい’という思いは常に変わりません。

ボジョレ・ヌーボーを扱わない理由

この10年でワインは一般的にもさらに身近な存在になってきました。しかし一方で、大量生産の決して高品質とは言えないワインが多く飲まれているという現状があります。結果、ワインを飲んでいる方もそれなりの満足しか得られないので、その先に広がるワインの本当の美味しさや楽しさに気付くことなく、ワインの味わいに深い興味を持たないという方が多い印象があります。
今のワイン業界の問題点はそういった方々に一歩先の本当にワクワクするワインの面白さを伝えきれていないことではないでしょうか。

ワインの魅力を伝えていくのにマーケティングや広告といった観点で、消費者の関心を惹き販売していくことはもちろん重要です。
しかしそういった一時的な嗜好に訴えるのではなく、地道に美味しいワインを流通させ、その美味しさを伝えて頂き、美味しいワイン飲んで頂くことでその魅力を知ってもらうことが、遠回りのようで結局本当のワインファンを増やす、永続的にワイン文化を広げる一番の近道だと思っています。

例えばフィラディスではボジョレ・ヌーボーを取り扱いません。普段ワインをあまり飲まない方に飲む機会を持って頂くという点で、イベントとしては意味があると思います。またマーケットとしては非常に大きいことも理解しています。
ただせっかくワインを飲んで頂くなら、商品の特性上コストに占める輸送費の比率が非常に高く、品質の割にどうしても割高になってしまうボジョレ・ヌーボーよりも、同じ価格でもっと高品質のワインを飲んでほしい、私どもはそういうワインをお勧めしたい、という思いからです。

日本にワイン文化を浸透させたい

時代の流れとともに私たちのいる世界のスピードもどんどん速くなっています。そんな現代において、時間の流れを緩やかにさせ、人をリラックスさせる力があるワインはとても魅力的です。
知れば知るほど惹きつけられる奥深さがありながら、一方で難しいことを考えなくとも、人と人をつなぎ、場の雰囲気を華やげ、人を楽しい気分にさせる不思議な魔力がワインにはあります。

日本の飲料文化に定着した多様な選択肢がある中で、あえてワインをお勧めするからには、ほかの飲みものでは味わえない、違う次元での、おいしい!を追求していきたい。ワインを囲んで楽しい上質な時間・空間を過ごす方が一人でも多くなって欲しい、日本にそんなワイン文化をもっと浸透させたい。
私どもは最もベーシックな基準である‘味わい’でシンプルに選んだおいしいワインを少しでも広めていくことで、この目標の実現に向かっていきたいと思います。

本当に価値のある美味しいワインをご提供していくことでビジネスパートナーとして皆様のお役に立ち、ワイン業界をもっと盛り上げていきたいと強く思っています。
ワイン愛好家の方が少しでも増え、ワイン文化が日本でもっと広がる一助となりたい。そして、元気な日本であるよう少しでも社会に貢献できる企業を目指していきます。

DAIHACHIRO ISHIDA

WINE SESSION

石田大八朗が各界で活躍するワイン好きの方々と、ワインについて語らいます。

PICK UP 「神奈川の社長TV」に取り上げられました 「選んだ道を貫き通すことの大切さ」